日本の社会と災害情報の地図を制作しています。

このウェブサイトは、首都大学東京Paul Haimes(客員研究員)と馬場哲晃(准教授)が行う研究プロジェクトの一部です。災害情報のプロトタイプ·アプリケーションを制作しています。

災害情報の地図

作品


活火山情報のアプリを制作しました。

Katsukazan iOS アプリのアンケートを作りました アプリのダウンロードはこちらですKatsukazan アンケート

100年間の地震アーカイブを公開しました。

いろんな出所のデータで地震アーカイブを制作しました。地震のアーカイブ

台風情報のIoT デバイスとウェブサイトを制作しました。

準備中。

出版物


  • Haimes, P., Medley, S. & Baba, T. (2016). A Pattern Language: Designing a Hazard Information Map Interface for Community-based Users. International journal of Asia digital art and design, 20(1), 5-13.
  • Haimes, P., Medley, S., Brady, D. & Baba, T. (2016). Exploring Community Attitudes Towards Sharing of Bushfire Information Online. Journal of Disaster Research, 11(3), 552-558.
  • Haimes, P., Baba, T. & Medley, S. (2015). Mobile map applications and the democratisation of hazard information. Paper presented at SIGGRAPH Asia, Kobe, Japan.
  • Haimes, P., & Baba, T. (2015). Mapping Hazards in Japan: Increasing the accessibility of geo-spatial hazard information. Paper presented at ADADA (Asia Digital Art and Design Association), Tokyo (Musashino), Japan.
  • Haimes, P., & Baba, T. (2015). Mapping Hazards in Japan: Increasing the accessibility of geo-spatial hazard information. Paper presented at Nordcode, Jyväskylä, Finland.
  •  

お問い合わせ


この研究に興味があれば、メールをお送りください。

 

IDEEA Lab
システムデザイン学部
首都大学東京
〒191-0065 東京都日野市旭が丘6-6

English

ホーム